一人暮らしで初めて起きた衣服のトラブルは落ち着いて解決しましょう

宅配クリーニングによる衣替え時に発生するカビの予防や対策

衣替えにつきまとうカビの恐怖~カビの種類で異なる厄介さ~

畳まれた服

一人暮らしで疎かになってしまうのが、収納した服の管理です。服はきちんと湿気対策をしておかないとカビが発生する可能性があります。そのため、衣替えのシーズンにタンスの奥から夏服を取り出すとカビだらけになっていることが多いのです。

カビの特徴

カビは表面に付着しているわけではなく、植物のように根っこを張っています。より具体的に説明しますと、まず服の表面に菌が付着します。この時点ではまだ目視することはできません。しかし、付着した胞子が根を張り、芽が出始め、急成長することで段々と見えるようになります。最終的にはっきり見えるほどに成長し、根っこも奥深くまで貼るようになっています。カビの恐ろしい所は湿気があれば食べ物や服だけではなく、プラスチックや水の中でも成長できるということです。

カビの種類

比較的簡単に落ちる白カビ
衣替えシーズンで発生していることが一番多いケースが白カビです。白カビとはパンやジャムなどに発生していることが多い、いわゆる青カビといわれる種類のカビです。この白カビは、比較的簡単に洗うことができます。極端にいえばブラシで払い落とすだけで表面の胞子は消えるのでクリーニングに出す必要もありません。しかし、それでも根っこは残るので宅配クリーニングなどに依頼して徹底的に洗ってもらった方が再びカビの発生を予防することができます。
落とすのが厄介な黒カビ
発生したら非常に厄介なのが黒カビです。黒カビは根っこも黒く、非常に目立つのがポイントです。そして何より白カビと違い、はらっても根っこが残り、黒い色が目立つため徹底的に洗わなければなりません。しかし、通常の洗濯では黒カビを除去することはできません。そのため、宅配クリーニングなど専門の業者に依頼して黒カビを除去するしか方法はありません。そのため、夏服の殆どに黒カビが発生していると、対策は割りとバカにならない費用がかかることになります。

このように、白カビならば簡単に対処することができますが、黒カビだと少し対処が難しくなってしまいます。そのため、費用が高くついてしまう場合があります。その際は、宅配クリーニングなど専門の業者に相談して具体的な対策を聞いて服を買い換えるか洗うかを決めましょう。

カビが生えた衣類の被害事例

予算に合わせたカビ対策を行います(宅配クリーニング業者)

結構多いのがカビだと気づかずに放置してしまうことです。特に多いのが黄色いカビをただの黄ばみだと勘違いし、放置してしまった結果カビが大繁殖してしまうということです。大量に繁殖してしまうとクリーニングの金額も跳ね上がってしまうため、金銭的な余裕がない人にとっては痛手となる時があります。そんな時は漂白してから色を修正するなどして表面を目立たなくするといった手法で応急処置をすることで安価に見た目を綺麗にすることができます。もちろん完全に除去した方が良いのですが、予算がない時は無理のない金額でカビ対策を行っているのでぜひご相談ください。

早目の依頼が肝心

カビは衣服に根っこを張り、繁殖します。そのため、長期間放置すれば根っこが衣服を傷つけてしまいます。特にタンスの奥にしまってある衣服は衣替えまで被害に気づかないことが多いため、場合によっては取り返しがつかないほど侵食している可能性もあります。こうなったカビはプロでも取り除くのが難しいため、漂白剤などを使って見た目を整えるくらいしかできないケースもあります。お気に入りの服がそのような事態にならないように、カビ予防はこまめなチェックと早めの依頼が肝心となります。

宅配クリーニングの防カビ加工で衣替えも安心

カビ対策で有効なのが、宅配クリーニングのサービスです。カビの除去だけではなく予防対策もしてくれるため、衣替え前に宅配クリーニングに依頼してカビ予防を行いましょう。ここでは、そんな宅配クリーニングについて紹介します。

便利な宅配クリーニング

一人暮らしでは、大学生でもない限り昼間は休日以外ほとんど暇がありません。そのため、クリーニング業者にも依頼することができません。また、洗濯機だと傷んでしまうような衣類も洗えずにそのままになってしまいます。しかし、そんな時に役立つのが宅配クリーニング業者です。宅配クリーニング業者ならば24時間営業をしている所が多いため、時間に余裕がなくてもプロによってクリーニングをしてくれます。この便利さから、忙しい人や特別な衣類をたくさん持っている人から選ばれているのです。

カビ予防に最適

宅配クリーニングをは、衣替え時に備えて防カビ加工がおすすえmdす。宅配クリーニングのオプションにはたいてい防カビ加工のサービスがついています。衣替えのシーズンでタンスにしまう前に依頼しておけば、カビが発生しているリスクを大幅に減らすことができます。具体的な方法としては通気性の良いカバーで包装したり、防カビ効果のある薬剤を噴霧して付着を予防したりするといった手段が挙げられます。

宅配クリーニングに出したあとの注意点

宅配クリーニングに出した時に発生するトラブルにありがちなのが「受け取ったあと包装されたまま収納してしまう」ということです。実は包装されたままだと湿気が発生しやすくなってしまうことが多く、カビの原因となってしまうことがあります。湿気の原因としては、業者側がアイロンで仕上げをしている時にスチームを使用するため、忙しい場合は仕上げあとすぐに包装してしまうことがあり、湿気が抜けきっていないケースがあるのです。よって、まずはきちんとチェックしてから収納しましょう。

宅配クリーニングサービスを選ぶ時は業者の比較が必須

便利で綺麗に仕上げてくれる宅配クリーニングサービスは、業者によって料金やサービス内容が違います。価格面で選ぶのはもちろんですが、カビ予防やカビ取りを依頼することを考えるのであれば、技術力の高いところを選ぶことが大切です。下記サイトでは仕上がりの評判が高い業者の情報が紹介されています。確かな品質のサービスを選びたい場合は、参考にしてみてください。

TOPボタン