一人暮らしで初めて起きた衣服のトラブルは落ち着いて解決しましょう

カビの予防と除去は宅配クリーニングを利用しよう

家庭で洗うのが難しい衣服のカビ落とし

洋服

衣替えでタンスの奥から取り出した服にカビが付着していた場合、カビの種類や服の種類によってカビ除去の作業は難しさが違います。ここでは、個人で洗うのが難しいスーツや礼服のクリーニング方法やカビ対策をみていきましょう

スーツなどの宅配クリーニング


スーツや礼服は他の衣類と洗い方に違いがありますか?
あります。というのも、洗濯機でスーツを洗うとしわができてしまいますし、何よりウールなどの生地を使っていた場合洗濯機の洗剤と水で生地の光沢に必要な油分がなくなってしまい、どんな高級生地でも一瞬で台無しになってしまいます。よって、これらスーツなどはドライクリーニングによって洗濯を行います、ドライクリーニングとは水ではなく有機溶剤を使用したクリーニング方法であり、型崩れや色落ちなどのリスクを可能な限り抑えた洗濯方法です。
ドライクリーニングを家庭で行うことは可能ですか?
結論からいうと、できません。というのも、ドライクリーニングで使用する有機溶剤は取り扱いが非常に難しいからです。有機溶剤は油汚れに効果がありますが人体に有害であり、外部に漏れると環境汚染の原因となるため使用には規制があるのです。なお、よく家庭用洗剤で「ドライ衣料用洗剤」と名前のつくものがありますが、あれはドライクリーニング用の洗剤ではなく、水洗いしても型崩れなどが起きにくいだけであり、ドライクリーニングではないのです。
カビが生えていた場合にもドライクリーニングを行いますか?
カビはドライクリーニングでは落とせないので水洗いをします。しかし、スーツは水洗いをすると生地が台無しになってしまうため、少し特殊な方法で洗います。簡単に紹介しますと、形が崩れないように水槽に入れ洗ったあと脱水をし、仕上げ機に入れてシワ伸ばしをします。そうすることで水洗いでもダメージを抑えたカビ取りができます。ですが、手間暇が非常にかかるため、お値段は高めとなっております。そのため、カビが発生しないように日々の取扱いにはご注意ください。

技術のある業者でしかスーツのカビ取りは行えない

上記で紹介したように、スーツのカビ取りというのは非常に手間がかかります。それだけではありません。スーツの形を崩さないように洗うには熟練の技術が必要であり、専用の設備があればどうにかできるといったものではないのです。よって、スーツのカビを取り除くにはカビの除去から洗浄と脱水、そして仕上げの技術がしっかりしている宅配クリーニングを探し、依頼する必要があるのです。そういった宅配クリーニング業者の洗浄で戻ってきたスーツはシワもカビ臭さもなくなっています。 まとめ スーツに付着しているカビは表面だけならブラシで払い落とせますが、臭いやスーツの奥まで張っている根っこは取り除けません。そのため、臭いが残りやすくなっています。カビは水洗いで完全に除去しなければなりませんが、スーツの水洗いは知識と技術が必要であり、簡単にできるわけではありません。よって、スーツにカビが生えた場合は信頼できる宅配クリーニング業者を探し、カビ取りを依頼しましょう。

自分でカビを落とす方法~見えなくなっても油断は禁物~

スーツやドレスのようなドライクリーニングしなければならない衣類にカビが発生した場合は業者に任せるしかありません。しかし、一般的な衣類ならば自分でカビを落とせることができるかもしれません。ここでは、そんな洗い方について紹介していきます。

自分でカビを落とす方法

白カビ
白カビはまだ初期段階のカビであり、簡単に対処することが可能です。初めに天日干しをして湿気を取り除き、カビが繁殖しにくい環境にします。そのあとはブラシでこすることで簡単に表面のカビは取り除けます。内部の根っこはエタノールを浸透させ、やはり同じく天日干しをしてから消毒作業を行うことで除去できます。また、白カビは性質上脂に溶けやすいのでクレンジングシートで拭っても効果はあります。このように、軽度の白カビならばある程度は自分で解決することができます。
黒カビ
黒いカビが発生していた場合、対処が非常に難しいです。白カビに比べて頑固であり、白カビと同じ対処法では完全に洗浄するのはほぼ不可能です。基本的には、漂白剤を使用します。まず50度程度のお湯に漂白剤を混ぜ、そこにカビの生えた衣類を1時間ほどつけ置きします。もし、根っこが奥深くまで張っていた場合はこれだけでは解決することができません。その際は、漂白剤ごと洗濯機に入れ、洗剤を入れて洗濯してから天日干ししましょう。

カビが少ない場合は上記の方法で取り除くことができますが、それでも目に見えない所でカビの根っこが残っていることがあります。そうなった場合、また根っこからカビが繁殖する可能性は極めて高いです。

カビを落とすのは容易じゃない

衣類に根付いたカビは取り除くのが極めて困難です。植物は地面に根を張り、土の中の養分を吸収します。服についたカビもそれと同じく、服の繊維にある色素や成分を養分にして成長します。つまり、生地が弱まってしまったり、色が薄くなったりといったリスクが発生してしまうのです。また、時間が経てば経つほど根が張り巡らされてしまうため、除去が難しくなっていきます。よって、服のカビの除去は早めの対策が必要となってくるのです。 まとめ 手入れが簡単な洋服ならば、自分でカビ対策を行うことは難しくありません。しかし、一人暮らしだとそういった作業も面倒になるためおざなりになってしまい、結果としてカビの根絶ができていないことが多いです。よって、最悪の事態を予防するためにも、専門の業者に依頼した方が結果的に服を長持ちさせることができます。

TOPボタン