一人暮らしで初めて起きた衣服のトラブルは落ち着いて解決しましょう

宅配クリーニングに頼らず自分で行うカビの予防方法~衣替えの前に~

衣替えでは収納の仕方が重要!~カビ予防に効果的なしまい方~

笑顔の女性

衣替えの時に発生したカビを取り除く方法を知るのも大事ですが、もっと大事なのはカビそのものを予防することです。衣替えの時も安心してタンスの奥に収納できるように、予防方法も熟知しておきましょう。

カビができやすい環境について

カビは非常に繁殖力が強く、栄養源、温度、水分、酸素の育成条件が揃っていればどこにでも発生し、増殖します。よって、人の生活スペースなどまさに絶好の繁殖環境となっています。また、カビは高温多湿であればあるほど繁殖しやすくなり、温度30度で湿度70%以上の場合非常に発生しやすくなります。なお、現状服の保管でカビの発生リスクを完全になくすことは実質不可能とされています。よって、日頃からカビの対策を考えなければなりません。

カビが生えにくい衣替えの方法

まずはきちんと汚れを落とす

まず、カビの栄養源になる油汚れや汗、食べ物などの染みをきちんと洗い落としましょう。食べ物の染みは食器用洗剤で洗い落とすことができますし、化粧品汚れはクレンジング剤で落とすことができます。また、粉末洗剤を使う場合は洗剤が残らないように洗いましょう。もし洗剤が残っていた場合、洗剤を栄養とすることがあるからです。どうしても汚れが落とせない場合は業者に依頼するというのも手段の一つだということを覚えておきましょう。

洗ったあとは十分に乾燥させる

湿気はカビの繁殖に大きく影響するため、きちんと乾燥させてから収納しましょう。乾燥機に入れて完全に乾燥させてから収納するとカビの予防につながります。この時、収納場所の除湿も重要であり、収納ボックスに収納するのであればスペースは少し余裕を持たせることが肝心です。そして除湿剤を入れておくと湿気を取り除いてくれるのでカビ予防につながります。また、防虫剤も入れておくことで衣服を食べる害虫の発生も防げます。

衣替えのあともメンテナンスを行う

家の中の環境というのは季節や天候で大きく変化します。そのため、時期にあわせてカビが発生しにくい環境するように、メンテナンスすることも予防にとって重要です例えば、収納している衣類を定期的に陰干しし、湿気を取り除いたり、除湿剤を取り替えたりするというのが一般的なメンテナンスです。また、梅雨の時は除湿機を使用したりエアコンで除湿をする他、押し入れにはすのこを敷いたり、タンスには服を入れすぎずに風通しを良くするというのも予防に役立ちます。

まとめ 衣替えの際にカビの発生を予防するには、とにかく状態を綺麗にすることが肝心です。徹底的に綺麗にしたいのであれば宅配クリーニング業者に依頼し、万全の状態で家に持ってきてもらいましょう。

保管サービスを利用してしっかりとカビ予防

前述したように、人が住んでいる環境でカビの発生リスクを完全になくすことはほぼ不可能のため、どんなに気をつけても僅かな隙間からカビが発生することがあります。よって、どうしてもカビから守りたい服があるのなら保管サービスを利用しましょう。

衣類をカビから守る保管サービス

保管サービスとは宅配クリーニング業者が行っているオプションのことであり、名前の通り服の保管を行ってくれるサービスです。このサービスは宅配クリーニング業者全てが行っているというわけではないのですが、大手業者の場合オプションとして取り扱っていることが多いです。基本的には一点ではなく、5点からの保管が主であり、相場は半年ほどで6千円とリーズナブルな価格で利用が可能です。一人暮らしの場合、服が部屋のタンスを圧迫するというケースもあるため、このサービスは非常に有効です。サービスを利用して衣替え時にカビの心配をする必要なく、万全の状態で服を着たい時に利用しましょう。 このように、お金は少々かかりますが自宅で保管するよりも圧倒的にカビ予防に効果的な保管方法も存在します。前述したように宅配クリーニング業者全てがこのサービスを行っているわけではないので、利用する場合はまず調べてから依頼しましょう。

業者が語る保管サービス

衣替えで利用する方も多いです(宅配クリーニング業者)

カビ予防もありますが、むしろ家に保管スペースがない人が使っていますね。特に一人暮らしで着るものにこだわりがあったり、たくさんの服を持っていたりする人が利用しています。理由としては家のスペース上どうしても保管が難しいしカビが怖いからと依頼するというケースが殆どですね。半年からの保管が可能なので衣替えのシーズンに服をまるまる交換し、夏は冬用の、冬は冬用の服を保管サービスで保管している方は多いです。

保管サービスを依頼する前に確認すること

宅配クリーニング業者の保管サービスを依頼する時に注意するべきことは、保証期間や返却方法、そして預けているものの確認です。場合によっては衣替えのシーズンより1ヶ月ほど早く保証期間がすぎるということもあり、延長したい場合どれくらいかかるかのチェックや、一着ずつの返却は可能なのかといった細かいことを覚えておくといざという時に便利です。また、何を預けたかうっかり忘れていると、なくしてしまったと勘違いすることもあるのできちんとメモしておきましょう。 まとめ 保管サービスは、服のカビ予防に極めて有効なサービスです。しかし、使い方を少し謝ると不便に感じるケースもあるため、利用する業者のサービス内容を確認し、他のサービスと比較して良いと思った所に依頼しましょう。

TOPボタン